ブログトップ

月夜にこんがらがって

meke1008.exblog.jp

敗戦の日に

本日は8月15日、先の大戦における69年目の敗戦の日です。

自らの身を祖国のために捧げて戦地に赴かれた方々、従事された全ての皆さまに深く感謝し、戦争によって亡くなられた全ての方々へ安らかなご冥福をお祈りいたします。


二度と戦争があってはならない。

その為に本当に何をすべきなのか。


それぞれの国のナショナリズムが重なり合って地殻変動のように動いている世界の情勢の中で、国内では様々な問題、論議を抱えています。

僕たちがどう考えるのか。


不当に占拠されたままの領土のこと、連れ去られたまま帰るべきところに帰れない方々のこと、エネルギー政策や資源の問題のこと、安全保障と米軍基地のこと、教育のこと、憲法のこと。

他の諸問題も含めて全て戦後の歩みの中で生じてきた、あるいはそのままにされてきた事事です。


先の大戦から七十余年、後世に暮らしている僕たち一人一人が意識を持って向き合い未来の子供たちへ繋げていく義務。

今日、8月15日の敗戦の日に想いを寄せつつ、稚拙ながら感じている事を少し記してみました。


皆さんはどのようにお考えになるでしょうか。


a0181097_11290781.jpg


[PR]
by meke1008 | 2014-08-15 16:05
<< いのちのある場所 風鈴どこ行った >>