ブログトップ

月夜にこんがらがって

meke1008.exblog.jp

師走にて

容赦なく頑なまでに空全体から熱気をおとしていた夏もなんとなく引けをとり始めると、a0181097_333179.jpg暑さに疲れたため息をそこら中に残したまま、賑やかな季節はいつの間にやら去って行った。
a0181097_356983.jpg



根比べのようなあの暑さをもう、殆どの人は忘れてしまっただろう。今年もいよいよ年の瀬にさしかかり、喉元を遠く過ぎてしまえばいつもこの寒い今頃は、夏のあの暑さと金属バットの乾いた音に懐かしく思いを馳せるばかり。
a0181097_414441.jpg
今年はいろいろな人々と出会った。a0181097_18485697.jpg

僕の生まれた夏の日から、一年、一年、出会う人々が増えていったわけだが、何の巡り合わせなのだろう。広く、そして細かに入り組んだ道なのに、不思議と歩いている場所や歩調が合った人々。

わずかな引力で人生の軌道線は少しづつ変わって行くのだろう。袖を摺り合わせた人々の力に押されたり引かれたりしながら。
a0181097_19271991.jpg
一日一日はそうして過ぎてゆく。
今年ももうすぐ終わる。
[PR]
by meke1008 | 2010-12-20 21:46
<< 十年